FlyInside Flight Simulator リリース

0

FlyInsideは、自社製フライトシミュレーター、FlyInside Flight Simulatorをリリース、アーリーアクセス・オープンベータを開始しました。

FSX/P3D/X-Plane向けに、VR対応可アドオンの提供を行ってきた、FlyInsideにより開発された独自エンジンによるフライトシミュレーターであり、VR環境下での使用に重点を置いた機能が多く盛り込まれています。

UI面では、通常マウスやコントローラー入力のほか、Oculus Touch、Viveコントローラーにネイティブ対応、コックピット装置の直観的操作のほか、VR空間内向けUIシステムが標準で同梱されています。

システム面では、現代の他コア・GPUコンピューティングに最適化されており、VR空間内で90fpsをキープするよう設計されています。
シーナリーについても、精度とパフォーマンスのバランスを維持する調整が行われています。

機体は、Milviz、TFDiから下記の機体が提供され、使用可能です。

Twins

  • MilViz 310R
  • MilViz T-50
  • MilViz DHC-3

Jets

  • MilViz 737
  • TFDi Design 717
  • MilViz T-38A

Helicopters

  • MilViz B-407
  • MilViz MD-530
  • MilViz CH-47D

このシミュレーターはFSX/P3D/X-Planeと同様の、オープンプラットフォームの環境を目指しており、SDKの公開も始まっています。

アーリーアクセス・オープンベータとしてのリリースとなり、現時点ではシーナリー収録地域がアメリカ大陸のみであったり、今後実装予定の機能がある等の制限があります。
その代わり、現時点ではアーリーアクセス価格で購入可能です。

About SEN_SEI_SAN

なかなか飛ぶ時間が作れないフライトシマーです。 エアラインフライトをメインに活動しています。 時々、ニコ生でフライトを放送しています。

Leave a Reply

  Subscribe  
Notify of