X-Plane 10.50 そして・・・11 !

0

FlightSimCon2016のスピーチセッションに、X-Plane開発者のAustin Meyer氏が壇上に立ち、X-Plane 10.50、そして新しいシミュレータ、X-Plane 11の発表を行いました。

10.50では、OpenStreetMapを使用したAutogen、カスタムライトシステムの実装が追加されます。

そして、X-Plane 11では、物理ベースレンダリング・アンビエントオクルージョンといった最新の3DCG技術の導入、サウンドシステムの強化、新UIの投入が予定されています。

Comments are closed.