PMDG NGXアップデート予告 & その他情報

imagesCABRKTQP

PMDGは、フォーラムに、現在進行中のアップデート等の情報を掲載しました。
全文はこちらから

PMDG 737NGX

多くの新機能・調整が含まれたアップデートのリリースを告知しています。(その中には、”ウェザーレーダー”の文字が!)
また、777同様、PMDG直販ダウンロード版を対象に、FSX steam版への対応アップデートも同時に提供予定です。

PMDG BAe JS4100

NGXのアップデートの次は、JS4100のsteam版対応への作業を開始予定で、それは”長くはかからなそうだ”とのことです。

MD-11・その他旧製品について

既にアナウンスされている通り、steam版対応等を含め、アップデートの予定はないとのことです。

パッケージ版のsteam版対応について

エアロソフトがパブリッシャーとして提供しているパッケージ版への、steam版対応アップデートの提供は、エアロソフトとの調整が必要であり、時間が掛かるとのことです。
ユーザーに対しては、”辛抱強く待って欲しい”と念押ししています。

PMDG 777 P3D版の価格設定について

本件は、こちらの投稿で告知されている内容です。
先日、PMDG 777のP3D版がリリースされましたが、その価格設定に異議を唱えるユーザー、また”FSX版所有者対象にアップグレード価格で提供と言っていたのでは?”という声が一部ユーザーから出ていることに対し、PMDGからの見解が発表されています。
要約すると、以下となります。

  • P3Dは、業務・学術研究目的に提供されているフライトシミュレーターであり、一般エンターテイメント向けのFSXとは本質が異なる。
  • P3Dはそのニーズに応えるため、積極的なアップデートを行っており、PMDG製品もそのアップデートをサポートする必要がある。
  • そのため、継続的なサポートが必要であり、本来であれば、PMDGとの期間サポート契約(1,800~2,500ドル+オプション)を結ぶ必要がある。
  • だが、現在P3Dユーザーの中には、PMDGの製品に興味を持っている非専門家ユーザーが多く存在している事を認識している。
    (注:FSXから移行してきたユーザー等、”個人用途”でP3Dを使用しているユーザーのこと)
  • そういったユーザーにもなるべく製品を提供できるよう、価格はFSX版から引き上げることになるが、”個人向け”ライセンスとして提供している。
  • PMDGはプラットフォームが異なる製品の提供に対して、アップグレード価格を提供したことがなく(例えばFS2004の737NGユーザーに対して、NGXへのアップグレード価格は提供していない)、本件も、アップグレード価格の提供はない。
  • だが、2015/3/7まで、FSX版と同じ価格で購入できるよう、セール販売を行う。

現在、フォーラムやPMDGのFacebookページに、本件に関する投稿が殺到する”炎上”状態となっています。
ただ、以降は筆者の見解ですが、そもそもP3Dのページに堂々と「エンターテイメント用途ではない」と明記されている以上、FSXからの移行を目的にP3Dを導入しているユーザーであっても、土壌の違いは認識するべきでしょう。
本来であればPMDGは、高額の期間サポート契約のみを提供する選択肢も選べたのであり、そんな中でも、FSXからの移行ユーザー向けに、個人向けライセンスの提供を用意してくれたことは、PMDGにとっての最大の配慮と考えるべきです。

Comments are closed.