PMDG 近況報告 2014年9月

0

PMDG_logo

PMDGのプロデューサー、Robert S. Randazzo氏は、公式フォーラム上に2014年9月時点の近況報告を投稿しました。
全文はこちらから

本投稿では、主に以下の内容について報告されています。

1.777-200LR/777-300ER SP1Cの進捗状況

777-200LR/777-300ERを使用して飛行中に、シミュレーターの時間加速機能を使用した際に発生する問題を解決する、SP1Cアップデートを準備中とのことです。
現在テスト段階に入っており、近日中のリリースを目指しているとのことです。

2.747-400 V2について

数カ月前より開発が開始され、現在はアルファテストを開始する段階に到達したと報告されています。
約10年前の747-400V1開発時の経験、そしてNGX、777での開発経験を活かした集大成になるとのことです。

3.NGX SP2について

現時点では、SP2開発の計画はなく、またコストの面から、無償でのアップデートの開発は実現不可能であると発表されました。
今後については、将来の開発計画の選択肢のひとつになるとのことです。

4.P3Dバージョンについて

今月に入り、正式にP3Dバージョンの開発がキックオフされました。
今後提供されるであろう、P3Dの64ビットバージョンにも対応可能な開発を進めているとのことです。
製品のライセンス形態、価格については、開発が一定の段階まで進むんでから発表するとのことですが、開発体制は747V2優先のため、具体的な目標期間は設定していないとのことです。

5.X-Planeバージョンについて

X-Planeバージョン提供の見通しが立ったとしており、X-Planeが動作可能などの環境(WIndows x32/x64、iOS、Linux)でも動作することを目指しているとのことです。
NGX、777、747V2を提供予定とのことです。

Comments are closed.