チリのアルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港 発売

LatinVFRから南米チリの首都にあるアルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港(SCEL)シーナリが発売になりました。南米のハブ空港の一つとして、またLan Airlinesの拠点空港として重要な空港です。チリ空軍の創設者の名前にちなんで命名され1960年代に作られました。現在でも南米でもっとも近代的で年間900万人の利用がある空港です。欧州、北米、南米の航空会社に利用されハブ空港としての役目を担っています。詳細と画像とお求めはsimMarketで・・・FSX/FS2004

Comments are closed.